母との連絡手段

今まではFAXというと職場で使用している以外はあまり利用することがありませんでしたが、私が結婚して親元を離れてから母親とのやり取りでFAXを利用するようになりました。母とは携帯のメールや通話をすることももちろんありますが、メールは長文打つのは面倒くさいようでそんな時にFAXを利用しています。
例えば母が作ってくれていた料理レシピを教えてもらいたいと思った時に私はメールで送ってくれれば助かるな、と言うのですが母はメールが面倒くさいので手書きしたものをFAXで送ってくれます。紙に書いているので、書き方も自由自在になるのでレシピ以外に小さく応援メッセージが書かれていたり、イラストが描かれていたりして私の心をほっこりとさせてくれます。
その他には、私宛に届いた郵便物で必要か不必要か判断がつかないものでFAXで送信できそうなものは送ってくれたりします。また、母自身がよくわからないこと、例えば携帯電話会社から機種変更のお願いのハガキが着た時など、私に尋ねてくることがあります。話して分かり合える内容なら問題ありませんが、よくわからないときにはその文章をFAXで送ってもらって内容を確認して母に教えてあげるようにしています。
メールでも良いですが、お誕生日や記念日などには手書きのメッセージをFAXで送りあうのも文字の温かさが伝わって好きで最近は使用しています。
言葉できちんと伝わることもあれば、文字や図にしたほうがわかりやすいもの、PCを使いこなせれば必要ないのかもしれませんが、私と母にとってFAXは必要なコミュニケーションツールであり、疑問を解決するためのツールにもなっています。これからもさらに活躍しそうです。